沿革

加藤建設工業の歴史

 

昭和32年 9月  創業
昭和43年 1月 加藤栄治、高野芳三両氏の共同出資にて資本金500万円の有限会社加藤運輸を設立して代表取締役に加藤栄治が就任
昭和43年 6月 ブルドーザー等建設機械を購入して土木工事業を開始
昭和45年11月 埼玉県知事許可建設業者として登録
昭和50年 4月 土木工事部門の充実のため社名を有限会社加藤運輸建設と改称
昭和53年 6月 会社組織を変更して商号を株式会社加藤運輸建設とすると共に増資して資本金を計2,000万円とする
昭和58年 6月 埼玉県知事許可特定建設業者として登録
昭和58年 7月 資本金を増資して計3,500万円とする
平成元年 4月 商号を株式会社加藤建設工業と変更すると共に代表取締役社長に高野芳三が就任
平成 6年10月 収容人員48名の鉄骨造3階建の独身者用社員寮を新築
平成 7年 5月 社員の増強に伴い社屋の増築、改修を行い延面積470㎡(約142坪)となる
平成11年 1月 建設発生土リサイクルプラント新設
平成13年10月 ISO 9002  認証取得
平成15年 9月 産業廃棄物中間処分業を取得
ISO 9001  認証取得
平成15年12月 中小企業経営革新支援法 埼玉県認定
平成20年 7月 建設業許可「建築工事業」取得
平成20年12月 環境負荷低減計画「彩の国エコアップ宣言」実施
平成23年10月 東京支店を開設、国土交通大臣建設業許可を取得
平成24年 6月 代表取締役社長に高野修が就任
平成27年 3月 エコアクション21認証取得
平成27年 7月 埼玉県エコアップ認証取得

関連記事一覧